探偵日記

バレない事に重点をおいた探偵の移動型張り込み

大阪のとある住宅街を畑の向こう側から写した写真に「探偵の移動型張り込み」と書かれた画像です。

探偵の張り込みのイメージと言えば1ヶ所でジッと耐えている印象があると思いますが、実際はいろんな方法があるんです。

そんな中でも今回はバレない事に重点をおいた移動型張り込みについてお話しようと思います。

移動型張り込みとは?

移動型張り込みは、1ヶ所にとどまる事なく常に移動しながらも対象者を確認するバレない事に重点をおいた張り込み方法

です。

探偵aimiでは基本的に成功報酬制の浮気調査で移動型張り込みを行っており、時間制の浮気調査ではあまり行いません。

その理由も含め移動型張り込みについてお話しておこうと思います。

張り込みにはいろんな段階がある

一概に張り込みと言ってもいろんな段階があります。

  • 通常時
  • 勝負の時

もっといろんなパターンがありますがキリが無いので通常時と勝負の時を比べてみます。

一般的な張り込みのイメージはこの勝負の時だと思います。

勝負の時と言うのは「ホテルの出入り」などの決定的な証拠写真を撮影したい時の事です。

こういう場合は皆さんが思っているような1ヶ所でガッツリ張り込む必要があります。

ただ1ヶ所にとどまらないでもガッツリ張り込む方法もあるのですが、話がそれるので今回は触れません。

勝負の時とは別の「通常時」の張り込みはどうでしょうか?

浮気調査をしているといろんな場面で張り込む必要があります。

対象者が行った先々でそれぞれの状況に合わせて張り込みますが、常に勝負の時と同じようにガッツリ張り込むと怪しまれる可能性があります。

ですので探偵が状況に応じて臨機応変に張り込むのですが、その張り込み方法の1つが移動型張り込みです。

移動型張り込みの一例

休日の昼頃に対象者が住宅街の一戸建ての自宅から出てくるのを待つ場合の移動型張り込みの一例をお話しておきますね。

例えばですね。

基本的に住宅街で張り込むのはかなり目立ちます。

家を出て人が立ってたら絶対目に入りますからね。

だから通常は自宅の前じゃなくて少し離れたポイントで張り込む訳です。

ただ、住宅街ですから近所の目も当然気を付けなければいけません。

対象者に目立たないようにするだけではなく、近所の人にも目立たないようにしなければいけません。

1回こっきりの調査ならまだしも、何度も調査する可能性がある訳ですからまた張り込みができるようにしておかなければいけないんですね。

だから自宅前じゃないと言ってもそんなところで張り込むのも探偵は嫌なんです。

だったらどうするんだってところですが、例えば対象者が徒歩で駅まで行くパターンがあるとしましょう。

自宅から駅までの移動経路は依頼者さんのお話や物理的な地理関係、これまでの調査の結果などから推測します。

まぁ大体の人は同じ経路を通るパターンが多いですけどね。

つまり、「対象者が通過する可能性が高いポイントを探偵は移動し続ける」んです。

こうすれば対象者といずれ会う事ができるんです。

心理的に普通に街を通過する人の事は気にしません。

もちろん目立つ服装や動きをしていれば印象に残るでしょうが、どこにでも居そうで自然な動きであれば大丈夫です。

そうやって移動しながら張り込んで尾行につなげるようにするんです。

でもこれって確実に対象者を見つけられる訳じゃないんですね。

たまたま違う道を通るかもしれませんし、違う方法で本人が移動する可能性もあります。

だから時間制で行う浮気調査ではこういう方法は取らないケースが殆どです。

時間制は1回1回費用が掛かってくるのでなるべく確実に尾行できる方法を取らないといけないですからね。

ですのでこの手の移動型張り込みは成功報酬制の場合に使う方法です。

成功報酬制で移動型張り込みを行う理由

  • 早く証拠を撮ってもらって報告書をもらいたいですよね?
  • 早く証拠と言う武器を手にしたいですよね?

そのお気持ち凄くわかります。

私も同じ気持ちです。

ただ、万が一怪しまれたり警戒されてしまうと調査が凄くやりにくくなって悪循環に陥ってしまう可能性があるんですね。

そうなると逆に時間が掛かってしまうんです。

だから浮気調査はもちろんのこと探偵の行う調査は全て悟られずヒッソリと確実に進めていくのが本来あるべき理想の姿です。

一発で証拠を撮ろうとするのではなく、少しずつ少しずつ判明事項を増やしていき最終的に証拠を得るのが基本です。

一見時間の掛かるだけのように思うかもしれませんが、本来はそういう物なんです。

でも時間制料金でそんなことをしていては料金が上がるだけなのでそんなやり方はできません。

しかし成功報酬制の場合は料金が決まっていますので、こちらが張り込みで本人を見つけられなくても探偵事務所が再度調査をする手間暇が掛かるだけで依頼者さんには一切料金の負担はありません

探偵事務所としても早く証拠を撮れば費用対効果が良くなるので利益になりますが、一番調査の難しさを知っている探偵としては確実に1歩ずつ証拠に繋げたいんです。

怪しまれる位なら調査を中断して後日行う方が絶対に良いんです。

だからなるべく怪しまれないバレない事を重点においた移動型張り込みを行っている訳です。

手間暇は掛かりますがこれが本来の探偵の姿であり、無理せず確実に浮気調査が行えるので成功報酬制を取り入れているんです。

探偵の中でも結構お安い調査料金で成功報酬制の浮気調査ができますので、ぜひ一度ご相談ください。

大阪の探偵aimiでした。

※管理人が確認した後に公開されます。

コメントを残す