探偵日記

スパイカメラには画質に偽りが良くある事を知った上で購入している探偵です

探偵が使う3つのスパイカメラが床に置かれた画像に「画質に偽り?」と書かれた画像です。

どうも大阪の探偵aimiです。

Amazonや楽天等々ネット通販でスパイカメラを購入しようとしている方に向けての記事です。

私も興味があっていろんなスパイカメラを購入したのですが、画質を偽って販売しているような商品が多いです。

例えば表記は4Kだけど実際はFHDFHDって書いてあるけど実際はHDだったりするんです。

マジかよっ!?って思ったあなたは読んでみて下さい。

他にもいろいろあるのですが、特に画質に関しては皆さん凄く重要視していると思うのでその点だけでも知った上で購入すると腹が立ちませんよ。

まずは良くあるパターンを書いておきますね。

スパイカメラの画質に偽りがあったケース

FHDで購入したのに動画のプロパティを見るとHDだった

FLD(1920×1080)と言う事で購入して動画を撮影してプロパティを見てみるとHD(1280×720)になっていました。

プロパティを見なくても画質を見れば気が付きますが、プロパティを見ると一目瞭然ですね。

プロパティはFHDだが実態はHDだった

これ凝ってるなぁと思ったのが、そのスパイカメラで撮影したMicroSDカードをPCに繋いで動画のプロパティを見ると確かに1920×1080となっているんですが実際の動画は1280×720になっているパターンです。

FHDのディスプレイで見るとファイルが720Pなので動画が小さいんです。

間違いなくFHDじゃなくてHDです。

これは明らかな偽装だと思うのでやり過ぎって感じですね。

スパイカメラの画質はどこを見ればわかるのか?

商品画像と説明欄で画質に相違がある場合

よく利用するAmazonで説明してみますが、最初に商品画像がいくつもありますよね。

使い回しの同じような文言が多い商品写真ですが(;’∀’)、そこには大体高い画質が書いてある事が多いです。

タイトルに4Kって書いてあれば商品画像に記載されている画質も4Kと書いてあります。

そしてその下に商品の説明などがあるのですが、そこには1080PとかFHDって書いてあったりするパターンがあります。

要するにどっちかよくわからないってパターンです。

こういう場合は低い方の画質だと思って購入すると正解な事が多いです。

カスタマーQ&Aだけ違う場合

Amazonの商品画面の下の方を見ていくと、ユーザーの質問に販売者が答えているカスタマーQ&Aがあります。

タイトルや商品画像・説明欄などなどには4Kと書いてあるけど、カスタマーQ&AだけはFHDと書いてある場合があります。

ここではハッキリ偽るのが嫌だから書いてあるのかわからないですが、一応正解を教えてくれている場合があります。

ただ、ここでFHDだと答えていても実際はHDだったって事もあったので一概には言えませんけど。

レビューの☆5と4はサクラが多い

もう殆どの人は知っているので言うまでもないですが、レビューの☆5と4はサクラが多いので基本的に当てにしないようにした方が良いです。

この点はスパイカメラだけの話ではありませんがレビュー自体全く意味がない物が多いので、リアルなレビューを見抜く目が必要ですね。

レビューを書いている人のプロフィールを見ればすぐにわかる場合が多いです。

それにそもそもレビューの内容が全然別のスパイカメラの内容であったり、全く違う商品のレビューだったりすることも良くあるので笑っちゃいますね(;’∀’)

それと商品を購入すると☆4か☆5にするとポイントを進呈しますみたいな名刺が入っている事が多いので、それでとりあえず書いちゃう人もいるようです。

だからレビューは☆1か☆2か☆3辺りをみてどんな苦情があるのかを見て考える方が良いですね。

悪い評価のレビューを見ると致命的な欠陥なのか?どんな商品にでも稀にある不具合なのか?が見えてくるので、それで判断した方が賢明だと思います。

スパイカメラはHDが主流

いろんなスパイカメラを購入して見ましたが

  • 4Kを買ったらプロパティはFHDだけど実際はHD
  • FHDを買ったらプロパティもFHDだけど実際はHD
  • FHDを買ったらプロパティがHD

いつもこの3つのパターンです。

結局スパイカメラって4KやFHDで売り出してるけど現状はHDのセンサーを使っている事が多いんだと思います。

だから結論としてはスパイカメラはHD画質だと思って購入すると腹が立たないって事です(;’∀’)

初めて購入した時は詐欺だ!みたいに思ってアマゾンに相談したこともあったのですが、それを言ったところで外国ですしどうしようもありません。

あれから何年も経ちますが何も変わらないです。

カメラ自体はいろんなアイデアが詰まった良い物が多いので、もしスパイカメラを購入しようとお考えならHDだと思って購入すると良いですよ。

それで画質が良かったらラッキーです(;’∀’)

プロの探偵はスパイカメラをフォロー代わりに使っている

私らプロの探偵はHD画質でF値が低いカメラはなかなか証拠として使う事ができません。

浮気調査などの証拠撮りで求めているカメラは下記のようなものです。

ただ、証拠撮りのメインのカメラを使用しつつ状況を見るためのフォローとしてスパイカメラは非常に役に立ちます。

特に最近気に入っているのがバッテリーです。

3000mAhや5000mAh(これも実態はいろいろありますが)などのバッテリーが付いたものは長時間使用できるので素晴らしいですし、そもそもバッテリーが付いていないけどモバイルバッテリーに付けるだけで尚且つフレキシブルなwifiスパイカメラもあります。

画質に疑問点はありますが、こういう発想で作って売ってくれるのは有難いですね。

普通に画質を堂々と出して売った方が売れるんじゃないかと最近思うスパイカメラ事情日記でした。

※管理人が確認した後に公開されます。

コメントを残す