探偵日記

ほとんどの人が気づいていない良い弁護士の選び方

大阪府の京阪守口市駅を歩く男性2名のぼかした写真に赤い文字で「良い弁護士」、青い文字で「選び方」と書かれた画像です。

探偵aimiのところでは浮気調査が多いので、調査後に不貞行為の慰謝料請求などをされる依頼者さんが多いですが、そんな時に良い弁護士さんの選び方を良く聞かれるのでブログにも記載しておきます。

良い弁護士を選ぶ時にどんな事を思い浮かべるでしょうか?

  • 経験値が高い
  • 弁が立つ
  • 料金が良心的
  • 近い

こういうの想像する方が多いと思います。

これはこれで良いのですが、そもそももっと根本的なところを忘れているように思うんです。

そんなほとんどの人が気が付いていないと言うか、忘れてしまっている点をお伝えしておきますね。

ウマが合う弁護士を選ぶ

人の好き嫌いってあると思うのですが、良い弁護士を選ぶにはあなたとウマが合う弁護士を見つける事が重要だと思います。

ウマが合うと言うのは単にトークが上手で話しやすい人と言う意味ではなくて、何でも言える相談したくなる弁護士さんの事です。

今まで弁護士と話をしたこともない人も多いと思いますが、偉そうで上から目線だったり、やる気がなかったり、やけに自信満々の人だったりいろんな人がいます。

単に物を売る仕事だったら単純に安ければ良いかもしれませんが、弁護士や探偵はサービスを売る仕事です。

そういうサービスを依頼する業者を選ぶ時は人を選ぶと言う感覚で選んで欲しいと思います。

あなたとウマが合う弁護士さんはどんな方でしょうか?

それはあなたにしかわかりません。

そんな相性の良い弁護士に出会うには、積極的にいろんな事務所を回ってみるのが良いかもしれません。

何の為に弁護士をしているかを察する

あなたは何の為に仕事をしていますか?

お金の為に仕事をしていると言う答えが一般的ですよね。

でも本来仕事と言うのはお金を稼ぐ為にやるものではなく、人の為になる事をした時の対価として頂くものです。

代金を頂くと言う意味では最終結果は同じなのですが、目的が違うと仕事内容が全然変わってきます。

お金をもらう為に仕方なく仕事をしている場合と、人の為に何とかしてあげたいと思って仕事をしている場合とでは全然変わってきます。

単純にどこにでもあるものなら単に安ければ良いかもしれませんが、弁護士と言うのはサービスを売りますので内容が非常に大切になります。

そんなサービスの質を求める場合は人の為に仕事をしている方を選ばなければなりません。

これは弁護士だけの話ではなくどんな仕事にも言える事です。

その職業をプロとして誇りをもって働いていらっしゃる方々は、人の為に働いていると言う姿勢を感じます。

ですから弁護士さんとお話する時に、この人はお金優先か?人が優先か?と言う部分を見極めて欲しいと思います。

そういう思考を持って話していると必ず察する事ができると思います。

どんな弁護士事務所なのかを見極める

会社と言うのは社長・会長・スポンサーなどの影響を受けて経営方針が決まってきます。

ですから、会社の体質として金銭優先なのか?人の為が優先なのか?を見極めるつもりで見ていると良いかと思います。

直接トップの方とお話できれば見極める事もし易いのですが、殆どの場合はそうはいきませんよね。

でも会社と言うのはトップの意向が末端の従業員まで繁栄されることが多いので、末端の人たちやその上司を見る事でその考え方が見えてくる傾向になります。

あなたが直接話している弁護士さんがどの立場でどんな考えなのか?

そしてその上司はどんな人なのかを見るつもりでいて下さい。

その上で会社の社長のプロフィールとかSNSとかその他の情報から見えてくるものがあると思います。

こういう視点で見ているとHPや広告を見ているだけでも何となくわかってくることがあります。

一体どういう考えのもとに弁護士事務所が運営されているか?と言う視点を持って全体を見渡してみましょう。

大きい小さいは関係ない

あなたに合う弁護士事務所かどうかは規模の大きさは関係ありません。

結局は人の為に働いているかがポイントです。

それが見極められたら大きいとか小さいとか一切関係ありません。

ただ、見極めやすさで言えば中規模・小規模の方が見極めやすいかもしれません。

数名で運営している会社は直接社長とお会いする事もあるかもしれませんし、それに近い立場の人と会う可能性が高いです。

中規模や小規模の弁護士事務所だとそういう利点がありますね。

大規模なところでも小規模なところでも、担当に付く弁護士は1名か2名です。

だからしっかりその会社の色と人を見極めて、人の為と言う考えが元にある良い弁護士事務所を探してみて下さい。

もちろん探偵を選ぶ時も同じことが言えますね。

今回はこのように4点だけお話させて頂きましたが、ここでは書きにくい事もあるので普段は調査が終わって報告書をお渡しする時にもっと詳しくお話させて頂いております。

また、今回は選び方を記載しましたが、基本的な弁護士の探し方は下記も参考にして頂ければと思います。

大阪の探偵事務所aimiでした。

※管理人が確認した後に公開されます。

コメントを残す