慰謝料

自分で内容証明を作成して浮気相手に慰謝料を請求する

浮気相手に慰謝料を請求する内容証明の書き方

浮気調査で浮気の証拠を得たら次にやるのが慰謝料請求。

慰謝料請求の手法の1つが内容証明郵便。

浮気相手に慰謝料を請求する場合は弁護士さんに依頼して内容証明を送ってもらう場合が多いと思います。

でも自分で作成して送りたいって方もいらっしゃるので、作成方法を記載しておこうと思います。

内容証明郵便とは

内容証明郵便は郵便局に送ってもらいます。

慰謝料を請求する内容を記載した文書を郵便局から浮気相手に送ってもらう形です。

内容証明と言う言葉からもわかるように、この内容を郵便局が確認します。

だから内容証明は「原本」「こちらの保管分」「郵便局の保管分」の計3通作成する必要があります。

この内容の文書を浮気相手に送付したと郵便局が証明してくれる形です。

内容証明郵便を送付したからと言って相手が見るかどうかはわかりません。

そこまでは郵便局はできません。

でもこの内容を相手に送付した事実は残りますし、相手にプレッシャーが掛かるはずです。

弁護士から送付されたら尚の事ですが、自分でやっても十分プレッシャーを掛けられると思います。

ただ、内容証明の書き方は文字数制限などがあり、ちょっと特殊な書き方なので厄介ではあります。

内容証明の書き方

まずは内容証明の文字数制限から。

使用するのは便箋でも何でも良いのですが、大体はパソコンのワードなどを使って記入すると思います。

縦書きと横書きで文字数の制限があります。

横書き

横書きの場合は下記になります。

  • 1行に20字以内で1枚26行以内
  • 1行に13字以内で1枚40行以内
  • 1行に26字以内で1枚20行以内

横書きの場合はこのいずれかのルールで記載します。

縦書き

縦書きの場合は下記になります。

  • 1行に20字以内で1枚26行以内

縦書きの場合はこの1パターンです。

用紙サイズと枚数

用紙サイズはA4が良いですね。

枚数は5枚までに収める必要があります。

使用可能文字

ややこしいですが使用する文字にも決まりがあります。

  • 仮名(ひらがな/カタカナ)
  • 漢字
  • 数字
  • 英字(固有名詞のみ)
  • カッコ(「」『』など)
  • 句読点
  • その他一般に記号として使用されるもの

記号の数え方

記号の数え方もコツがいります。

文字及び数字を〇枠で囲んだ記号は〇で1文字で中の数字で1文字で計2文字になります。

〇の中の数字が二桁の場合は3文字になります。

ただし、その記号が文章の序列を示す為に使用されている場合は1文字として計算します。

って言ってもよくわからないでしょうから下記にサンプルを記載しておきます。

  • %(1文字)
  • m(1文字)
  • m²(2文字)
  • 3(1文字)
  • ③(2文字)
  • ㉝(3文字)
  • ③銀行口座(5文字)
  • (3)(2文字)
  • (3)銀行口座(5文字)
  • ①500円(4文字)

なんか複雑でわかりにくいですよね。

一応サンプルを作成してダウンロードできるようにしておきましたので、下記をご参考にして下さい。

印鑑

印鑑は実印を押すようにしましょう。

シャチハタや認印は誰でも作れるので実印の方が有効です。

割印

内容証明文書が複数の場合は割印を押しましょう。

全てをホッチキスで止て、折り目を付けて1枚目と2枚目にまたがるように、2枚目と3枚目にまたがるように押印していきます。

割印も同じ実印が良いと思います。

内容証明の文書を重ねて2ヶ所をホッチキスで止めました。

内容証明書をホッチキスで止める

内容証明書の1ページと2ページの間に割印をしました。

内容証明に割印

内容証明郵便の送り方

内容証明郵便はどこの郵便局でも利用できるサービスではありません。

集配郵便局と支社が指定した郵便局と記載がある為、利用する前に一度問い合わせてから訪問して下さい。

大き目の郵便局なら大体利用可能だと思います。

持っていくもの

下記の物を用意して郵便局に行きます。

  • 作成した内容証明(原本)
  • 郵便局保管用1通と差出人用1通(原本のコピーでもOK)
  • 差出人と受取人の住所氏名が記載された封筒
  • 内容証明の加算料金を含む郵便料金

郵便料金については下記をご参照ください。

付加サービス

内容証明郵便を送付する場合は下記のサービスも付加するか検討して下さい。

  • 配達証明
  • 本人限定受取郵便

配達証明」は必ず付加しておいて下さい。

配達が完了すると郵便局から配達証明が届きます。

そして「本人限定受取郵便」についてです。

そもそも内容証明郵便は手渡しで配達してくれるのですが、受取は本人以外の家族でも受け取りが可能です。

したがって、それでも問題ない場合は「本人限定受取郵便」は付加せずに郵送しましょう。

もし受け取りを本人に限定したい場合は付加して下さい。

付加すると自宅に本人が居なかった場合は郵便局が不在届をポストに入れるので、後日本人が郵便局へ身分証明書を持って受け取りに行く形となります。

ただ、不在票を見た浮気相手は本人限定受取郵便だとわかりますし、そこには差出人の氏名が記載されているので察して受け取りを拒否する切欠になるかもしれません。

それを考えると家族でも何でも受け取ってくれれば本人に渡る可能性があるので、そもそも本人限定郵便にしない方が良いかもしれません。

この点については浮気相手の状況に合わせて良く考えて決めて下さい。

e内容証明(電子内容証明)

内容証明を送るなら電子内容証明が便利です。

e内容証明は郵便局に会員登録してから行います。

作成した文書をアップロードするだけで全てやってくれます。

ひな形文書も用意されており、料金も安く送付できます。

※管理人が確認した後に公開されます。

コメントを残す


CAPTCHA