「最後まで途中経過は連絡しないで下さい」と言う大阪の依頼者さんの気持ち|探偵大阪あいみ探偵事務所
大阪

「最後まで途中経過は連絡しないで下さい」と言う大阪の依頼者さんの気持ち

浮気調査の途中経過を知りたくないと言う大阪の依頼者さん

浮気調査をすると途中経過を連絡して欲しい・知りたいと思うかと思います。

探偵aimiが依頼者さんの立場だったら当然そう思います。

だから、時間制の浮気調査の場合は延長料金の兼ね合いもありますので変化があれば随時リアルタイムにご連絡。

成功報酬制の場合は定期的に途中経過を連絡を入れています。

しかし、みんながみんなそうだとは限りません。

「最後まで途中経過は連絡しないで下さい」と言う依頼者さんもいらっしゃいます。

そんな以前お受けした大阪の依頼者さんとたくさんお話ししてわかった気持ちはこうでした。

開始直後は途中経過を知りたいと思っていた

元々成功報酬制でお受けした浮気調査の件です。

aimiも普通に途中経過を連絡していました。

特に私は途中経過を詳細に連絡します。

真面目にやっていますので、「しっかりやってくれている!」とわかってもらいたい訳です。

だからマメに連絡・連絡。

しかし、依頼者さんの感情が持ちそうもありませんでした。

ご主人が浮気をしていたのですが、浮気相手はすぐに部下だと言う事がわかりました。

毎日勤務後に少しの時間でも会っているんです。

もうこっちが見ていても恥ずかしいくらいイチャイチャです。

大恋愛中みたいな状況です。

途中経過を聞くと家で自然に振る舞えなくなる

  • 探偵「今日も短時間ですがラブラブで会ってました。」
  • 依頼者さん「またですか・・・会社内でも会ってるのに、終わってからでも少しの時間でも会うんですね・・・」

まぁ辛いですよね。

こういう事を知ると、毎日女と会って帰ってきてる癖になんで私はこの人のご飯も洗濯もしないといけないのよ(怒)となりますよ。

絶対になります。

しかし、ここでグッと我慢して自然を装うのがベストなのですが、なかなかこれが難しい。

聞いてしまうと家で自然に振る舞えなくなる訳です。

そこで依頼者さんから

「女に会っていると思うと家で自然に振る舞えないし、苦しいです・・・何か言ってしまいそうです・・・」

そういう気持ちを打ち明けてくれました。

途中経過を知るとジッとしていられない

この状態が続くと今度はジッとしていられなくなります。

「私我慢できずに現場に行ってしまいそうです・・・どうしましょう・・・」

そんな連絡がありました。

もう気持ちが痛いほどわかります。

胸がドキドキしてどうしていいかわからなくなり、不安や怒りやいろんな感情が溢れ出てきて居ても立ってもいられなくなりますよね。

なので、もしこの状況で乗り込んだ時にどうなるかをお話しさせて頂きました。

証拠が出る前に突撃してしまうデメリット

会っただけ・イチャついていただけの証拠では絶対にまた会います

また会うどころか巧妙になるだけです。

今まで途中段階で我慢できずに突撃して良い結果を得られた場合も数件ありましたが、殆どの場合は巧妙になるだけ。

しかも本人達はどうしてバレたのか疑問に思います。

「携帯か?もしかしたら探偵か?」

こうなってくると非常に警戒心が高まり、しばらく調査ができない事にもなるかもしれません。

更には調査料金も高くなってしまうかもしれません。

しっかりした証拠が出る前に突撃してしまうとこういうデメリットを被る事になるかもしれないんです。

最後まで途中経過を連絡しない事になった

証拠が出る前に突撃するデメリットをお話しさせて頂いたところ、

「やっぱり最後まで途中経過は連絡しないで下さい。aimiさんがしっかり調査してくれているのは充分にわかってますからお任せします。すいません・・・」

との連絡がありました。

この依頼者さんの辛い気持ちを浮気しているご主人に知ってもらいたいですよ

浮気している人って言うのは自分の事や言い訳ばっかりで、人の気持ちを考えないんですよね。

特に浮気中は。

完全に浮気がバレて逃げられない状況にならないとまず話にならない。

いろんな依頼者さんがいらっしゃいますが、この苦しい気持ちは皆さんよくわかると思います。

だから無理せずに途中経過を聞くと苦しい場合はご遠慮なく言って下さいね。

心配しなくても探偵aimiは誠心誠意しっかり浮気調査をしますから。

大阪で探偵やってるaimiでした。

※管理人が確認した後に公開されます。

コメントを残す


CAPTCHA




こちらもどうぞ