浮気の証拠

あいみが撮影する時

探偵の鞄に仕掛けられた証拠撮影用ピンホールカメラ

探偵が対象者を追尾中、いつも撮影しながら行います。

カメラやビデオを向けるのは当然ですが、普通に撮影することは余りありません。

観光地など、カメラを持っているのが自然な場合は手に持ったり、首からぶら下げたりすることもあります。

TPOに合わせて ですね。

探偵は、探偵だと言う事自体悟られてはいけません。

当然撮影している所を見られる訳にはいきません。

対象者本人に探偵だと悟られたらいけないだけじゃなく、その周辺の人にも悟られてはいけません。

ですから、調査する時はいつも隠しカメラなどで撮影している訳です。

探偵aimiもこれまでたくさんの浮気の証拠など、各種証拠を撮影してきましたが、その機材が変われば練習する必要がある訳です。

いつも使用している機材なら慣れているので大丈夫なのですが、最近作ったばかりの機材は練習する必要があります。

どんな撮影の練習かと言うと、カメラのファインダーを見ずにきれいに確実に撮影する事です。

証拠はその一瞬が大事ですから、そういう練習は常日頃癖のようにやっています。

対象者の距離や、機材が入っているバッグ、もしくはポケットなどに仕込んでいる場合もありますが、その持っている角度によってどうのように写るかが変わってくるからです。

もちろん”感”だけで撮影しているのではありません。練習の賜物です。

また、アップに撮影する事も頻繁にあります。

証拠写真は「誰?」と言う部分が大事ですから、アップで撮影する時は手持ちの携帯や小型テレビなどに映像を飛ばして確認しながら撮影しています。

ただ、いつも映像を見ながら尾行すると、尾行に集中しにくいんです。

尾行しながら対象者の様子を確認し、

  • 次にどのように動くか?
  • 何を考えているか?

などを考えながら尾行したいので、カメラ映像だけではなく、実物の対象者を見て雰囲気も確認したいんです。

映像に映し出される対象者と実物の生の対象者では、ずいぶん違いがあるんです。

基本、自分の目で見ながら調査するのが私のやり方です。

もちろん怪しまれてはいけないので、機材もかなりよく使いますが。

そんな事で、

「カメラを見ないで自然に尾行しながら撮影する」

その為に練習が必要なんです。

1回しかないチャンス、見逃せませんから。

浮気調査

※管理人が確認した後に公開されます。

コメントを残す


CAPTCHA




人気ブログカテゴリー



業務ブログ



その他調査



こちらもどうぞ