浮気や不倫の証拠

GPSを浮気・不倫の証拠として賢く使う方法

GPSを浮気・不倫の証拠として賢く使う方法

GPSを車に取り付けたり、スマホの位置情報を確認したりして浮気調査をされている方もいらっしゃるかと思います。

そもそも単なる位置情報ですので、GPSは浮気・不倫の証拠にはなりません

単に個人的に浮気をしているかを確かめて別れるかどうかの判断に使うのであれば役に立ちますが、離婚や裁判・慰謝料を請求できるような証拠にはなりません。

もちろん本人が素直に認めれば別ですが、殆どの場合は言い訳をする訳ですね。

ですので、GPSの位置情報は決定的な浮気・不倫の証拠を撮影する為の1つの道具として考える物だと思います。

浮気調査については下記からどうぞ。

GPSを証拠として問い詰めると言い訳をされる

まず基本的な事ですが、GPSを証拠として問い詰めると言い訳をされます。

どんな言い訳がやってくるかと言うと

  • ホテルの近くには行ったけど、ホテルには行っていない
  • 車を貸していた
  • 車に取り付けていたのが外れて違う人が持っているんだ
  • GPSが取り付けられていると思って、お前の反応を見る為にホテルの近くに行ってみたんだ

こういう言い訳は良くあるパターンです。

GPSの位置情報は残念ながら何とでも言い訳されてしまうんですよね。

だから、GPSだけで問い詰めても言い訳されて、これ以上浮気調査ができなくなってしまってから探偵を頼る事になってしまいます。

私たち探偵も、GPSがバレてから浮気調査をするのは大変です。

結果、料金が上がってしまいますので下手に問い詰めたりしない方が良いです。

ですので賢いGPSの使い方とは、浮気や不倫の証拠を撮影する為にGPSの位置情報からあらゆる状況を把握すると言う事なんですね。

証拠を撮影する為の情報を可能な限り得るように心掛けてみて下さい。

では、どんな情報が得れるでしょうか?

GPSから不貞行為を行っている場所を把握する

浮気・不倫の証拠として最も重要な不貞行為を行っている場所を把握しましょう。

場所と言ってもパターンはいくつもあります。

  • 自分の車でホテル
  • 自分の車でホテルの近くのコインパーキングに停めて徒歩で入る
  • ある場所で浮気相手の車に乗り換えてホテルに行く
  • タイムズで自分の車からレンタカーに乗り換えてホテルへ行く
  • 浮気相手の一戸建てやマンション駐車場に停めて家に入る
  • 浮気相手の一戸建てやマンションの近くのコインパーキングに停めて徒歩で家に入る
  • 車内で不貞行為を行う
  • 車で移動して野外で不貞行為を行う

よくあるパターンだけで上げましたが、こんな感じでいくつもあります。

GPSから不貞行為を行っている場所がどこなのかを把握しましょう。

浮気相手と合流する前に立ち寄る場所

仕事終えてから浮気相手に会う、休日に浮気相手に会うなどがありますが、合流する前に立ち寄る場所も把握しておくと良いです。

  • コンビニ
  • スーパー
  • ドラッグストア
  • ドラッグストアが入っている施設

ここに寄ったら「浮気相手に会うな!」ってポイントがだんだん見えてきたりします。

こういう浮気相手に会う前に立ち寄る先を把握しておくことで、尾行もしやすくなる訳です。

GPSから浮気相手と合流(便乗)する場所を把握する

浮気の証拠撮影をする時に、車に乗車するところを撮影したい訳です。

これがGPSで最初から良く合流(便乗)する場所がわかっていると、浮気調査がやり易くなりますね。

毎回同じ場所の場合もありますが、これは複数のパターンがあると思います。

ホテルなどへ行った日の一日を振り返ってみると、「ココで合流したな」と言うポイントが見えてくると思います。

休日と仕事帰りとではポイントが違うと思いますが、そういう状況を把握して合流したポイントをチェックするようにしましょう。

  • 駅やその駅近くの路上
  • 相手の家やその近くの路上
  • 相手の職場やその近くの路上
  • ホームセンターなどで車の乗り換え
  • 大阪市内の繁華街のコインパーキングに停めて徒歩で合流
  • 職場に停めたままである

こういうのも浮気調査をする前に把握できていると探偵としても有り難い訳ですし、ご自分で尾行する時にも役に立ちます。

不貞行為を行った後に立ち寄る先

直接家に送る場合もありますが、どこかへ立ち寄ってから帰宅する場合もよくあります。

また、浮気相手の家の前や近くでしばらく会話をしてから帰宅パターンかもしれません。

浮気調査でホテルの出入りを撮影した後に浮気相手の家を割り出す為に更に尾行する訳ですが、その時に良く立ち寄る先などがあればそれを把握しておくことでやり易くなります。

ホテルを出た後にも撮影したいですからね。

GPSで浮気相手の家を特定する

浮気・不倫の証拠として、浮気相手がどこに住んでいるかも必要です。

家を特定すると言っても、ピンポイントでわかる事はあまりありませんが、だいたいの位置がわかる場合もあります。

最初はあまりわからないかもしれませんが、

これも証拠を撮影する時に重要になってきます。

  • 家やマンションの前付近の路上まで送迎している
  • 家やマンション近くの路上まで送迎している
  • 駅前まで送迎している
  • コインパーキングまで送迎している
  • ホームセンターなどの店舗まで送迎している
  • 相手の職場まで送迎している

こういうのもGPSを見ていると段々わかってきます。

駅前まで送迎しているなら、そこから自転車やバイクで帰宅しているかもしれませんね。

そんな場合はその駅に自転車やバイクを事前に駐車しておくことで追尾が可能になってきたりする訳です。

デートしている場所を把握する

毎回不貞行為を行う訳ではありませんし、ホテルへ行く日もそれだけではありません。

やはりどこかでデートするのが一般的です。

普段二人がどこでどんなデートをしているかを把握する事も浮気の証拠を得る上で非常に重要です。

  • 地方などに観光に行って遠方でデートする
  • なんばで大体デートしている
  • 大阪市内だが毎回違う店で飲食している
  • 大阪を出る事は少ない
  • 浮気相手の家に直接行くことが多い
  • デートはなく、毎回ホテルだけである

2人がどんな関係なのか?ですね。

  • 普通に交際しているのか?
  • 水商売の関係なのか?
  • 出会い系なのか?
  • 風俗なのか?
  • 体の関係だけなのか?

どういう関係なのかを把握する事も証拠を得るだけでなく、今後あなたが別れるかの判断をする材料にもなるかもしれません。

会う頻度を把握する

GPSから2人が会う頻度がわかってくると思います。

週に1回なのか?2回なのか?

毎日会っているのか?

常に行動をチェックする事で会う頻度がわかりますのでこれも重要です。

GPSの位置情報は浮気・不倫の証拠を得る為の1つの道具

GPSからこれらの行動が把握できれば、浮気・不倫の証拠を得る道が開けてくると思います。

ご自身で浮気調査をされるのも良いですし、探偵に依頼する場合でも全くわかっていない状態から依頼するよりも、わかっている方が探偵事務所も浮気調査がやり易い。

そうなると探偵料金を安くすることができるかもしれませんね。

GPSを使って探偵料金を安くしてもらう為には下記も参考にしてみて下さい。

ただ、GPSを取り付けると相手に怪しまれる可能性もありますので、そこは充分に注意してください。

浮気調査で最も重要なのが怪しまれない事です。

怪しまれる可能性がある、取り付けるのが不安だという場合はやめておいて下さい

位置情報が把握できても、怪しまれると警戒して証拠が撮れなくなり兼ねません。

無理はせずに是非探偵aimiに浮気調査をご依頼ください。

GPSの位置情報など無くても浮気調査は可能ですよ!

浮気調査の料金プランは下記からどうぞ。

※管理人が確認した後に公開されます。

コメントを残す


CAPTCHA




こちらもどうぞ