浮気の証拠

浮気調査はなるべく別居前に行って浮気の証拠を得る

テーブルの上に置かれた浮気夫のiphone

なるべく別居前に浮気調査をして浮気の証拠を得るようにして欲しいと思います。

時々別居してから浮気調査のご依頼を受ける事があるのですが、本来なら別居前にするべきです。

別居期間が長ければ、また別居した理由によっては不貞行為が原因で別居したのではなく、夫婦関係が破綻しているので別居したと言う形に持っていかれる場合があるからです。

そうならない為にも、基本的には別居前に浮気調査をしましょう。

何が原因で別居や離婚する事になったかが慰謝料のポイント

いろんな事で大喧嘩して別居。

その後何年か経ってからパートナーの浮気が発覚した。

「もう離婚したかったけど、これで要約夫の浮気の証拠を掴んで慰謝料を取って離婚してやる!」

こういう場合はちょっと微妙になります。

何が微妙になるかと言うと、別居していることで夫婦関係が破綻していたと判断される場合です。

籍は入っていても

夫「別居した理由は妻の暴言と暴力だ!夫婦としてやってられないので別居した」

こんな風に主張されることです。

  • 夫婦関係が破綻した後の不貞行為
  • 不貞行為によって夫婦関係が破綻した

前者と後者では全く状況が変わります。

離婚原因が夫の不貞行為なら慰謝料は取れますが、離婚原因が妻の暴言や暴力となれば逆に慰謝料を請求されます。

状況によって全く変わってしまうんですね。

実際に暴力や暴言をしていなかったとしても、夫側が不貞行為が発覚したとなれば、逆に何か武器はないかとある事ない事言い出す可能性は大きいです。

2人で話し合うならまだしも、弁護士が入れば尚更です。

不貞行為の慰謝料は夫婦関係が破綻していない事が前提ですので、その部分を間違えないようにしましょう。

別居しても夫婦関係が破綻していない事を証明できるようにしておこう

別居と言ってもいろいろです。

  • 仕事で単身赴任している別居
  • ケンカをしたが一旦頭を冷やすために距離を置いただけの別居
  • 離婚を前提に別居

どれも別居ですが、夫婦関係が破綻しているのは最後の「離婚を前提に別居」ですね。

ただ、不貞の証拠を撮られた方が、ただ単に単身赴任で別居したいただけなのに「離婚を前提に別居していた」と主張するかもしれないのです。

そんな場合に意義を申し立てれるように普段のメールや連絡し合っている内容を保存することによって、夫婦関係が破綻していないですよと言う状況を作り出す事もできます。

子供の参観日に家族で撮影した写真もいいですし、親戚のお葬式に一緒に出席した写真でもいいですね。

とにかく普通に夫婦関係がある状況を理解してもらえるように物的証拠を押さえておくことだと思います。

第3者はどちらが本当のことを言っているか物的証拠がなけれれば判断に困りますので、しっかり保存しておきましょう。

いつから交際していたかが重要なポイント

  • 別居してから不貞関係になった
  • 夫婦関係が破綻した後に交際した

とにかくみんなそういうのです。

そんな場合にいつから交際しているかが重要なポイントとなります。

だいたいが浮気するようなことをするから別居になったりするものなので、多くの場合は別居前から浮気していた場合が多い。

しかし基本的に過去の状況を把握するのは非常に困難です。

非常に困難なのですが、実際浮気調査をしているとその証拠となる物があったりするんです。

ここでは具体的に書くと参考にされてしまうので書けませんが、現場を踏めばいろんなことがわかったりします。

現場を踏んでもわからなかったことでも、ある写真を見て依頼者さんが!?!?となる場合もあります。

こればっかりは浮気調査をしてみないとわからないのですが、ヒョンな事から浮気の証拠が出てくることもあります。

何事も諦めずにやって見ると言うのは大切ですね!

もし、別居後の浮気調査でも別居前から交際していたと感じるなら、浮気調査をやってみるのも良いかもしれません。

とにかく、浮気が切欠で別居する事になったのに、そうじゃないと言われないようにする必要がある事はとっても重要だと言うことを知っておいてください。

なるべく別居前に浮気調査をして浮気の証拠を得るようにしましょう。

浮気問題で夫婦が揉めている状態で家に居たくない気持ちはすごくわかりますが、そこはグッとこらえて確かな浮気の証拠を手に入れるまで依頼者さん側は家を出るのは我慢しましょう。

浮気調査

※管理人が確認した後に公開されます。

コメントを残す


CAPTCHA




人気ブログカテゴリー



業務ブログ



その他調査



こちらもどうぞ