浮気と慰謝料

公正証書の手続き

机の上でコーヒーを飲みながら公正証書を書く

問題なく協議離婚で話が落ち着いたら、公正証書を提出しておきましょう。

公正証書は「公証役場」に二人で行って記入してもらうのがベストです。

当事者が行くのがベストですね。

公正証書は、「公証人」と言われる第三者が間に入って、各々二人の話を聞き、その内容を法律的な面から考え作成してくれます。

公正証書は20年間保管されますが、必要であればそれ以上保管してくれます。

何か問題が発生しても、しっかり保管されています。

この公正証書があれば、相手が養育費・財産分与・浮気の慰謝料・損害賠償などを支払わなくなった場合に、裁判をしなくても請求ができます。

つまり、強制施行ができます。

協議離婚するなら、公正証書はかならず必要ですね。

後でまた言い争いになりにくくなりますからね。

管轄の公証役場は、下記で探してみて下さい。

ちなみに大阪府枚方市の公証役場は

枚方市公証役場
住所
〒573-0027
大阪府枚方市大垣内町2-16-12 サクセスビル5階
電話
072-841-2325

また、持って行く物は

所持品
身分証明証(運転免許証・パスポート・写真付きの住民基本台帳カードなど)
印鑑(個人間のやり取りの場合は認印でいいそうです)若しくは印鑑証明証(3ヶ月以内に発行分と実印)

浮気調査

※管理人が確認した後に公開されます。

コメントを残す


CAPTCHA




人気ブログカテゴリー



業務ブログ



その他調査



こちらもどうぞ