大阪府

同棲中の彼に浮気していると思い込まされていた大阪狭山市(仮)の探偵業務

壁にもたれて座り、放心状態の彼女のイラストです。

※大阪狭山市と記載していますが、実際は違う場所です。

また、部分的に内容も変更しています。

aimi探偵事務所です。

こういう事もあるんだねって事が大昔あったので書いてみようと思います。

それは彼と同棲中だと言う女性からの浮気調査の探偵業務でした。

お2人は大阪狭山市(仮)のとあるマンションで同棲しており、そのマンションは彼女(依頼者)のマンションであり、そこに彼が来て同棲する事になったそうです。

お付き合いされて4年の20代前半のお互い大阪出身のカップル。

現在依頼者(彼女)は彼が浮気しているはずだから事実を確認したいとの事でした。

彼は結婚しようと言うが、浮気していたら結婚なんてできないし、早く事実を知りたいとの事。

浮気調査の料金も事前にハッキリご提示(見積もり)して、一度ご相談の為に会う約束をしました。

元々彼が依頼者の浮気を疑っていた

会って詳しい話を聞くと、元々彼が依頼者の浮気を疑っていたそうです。

元々告白してきたのも彼だそうで、常に依頼者の浮気を心配しており、半分ストーカーかと思うほど心配していたそうです。

着る服もスカートは当然NG。

出掛ける時もどこの誰とどこへ行くなど事細かく管理され、スマホのGPSも常に居場所がわかるようにお互い位置情報を把握できるようになっていたとの事。

ここまで来ると怖いですが、まぁラブラブの時期なんかはこういうのもありですよね。

探偵aimi「今も位置情報は交換しているんですか?」

依頼者「はい。でも彼は仕事中なのでココに来れないので大丈夫です。女友達とこのファミレスに行くと言ってますし、今の彼はあたしにそんなに関心ないと思いますから。」

なんか周囲が気になりました(;・∀・)

先に言ってくれてたらもう少し場所考えたんですが・・・

でもそうとう依頼者さんもGPSの管理生活の抜け目も慣れているようで、そのままココでお話をすることにしました。

今まで彼が浮気するとは考えられなかったが、突然不審な点が多くなった

今までは浮気を疑われていた依頼者さんでしたが、ここ半年くらい前から彼の不審な行動が突然多くなったとの事。

  • コンビニに行くと出て何も買わずに帰ってくる(たぶん電話しているんだと思う)
  • 今まで残業なんてほとんどなかったのに毎晩遅い
  • 残業の時はGPSが会社を指しているが、たぶん会社にスマホを置いて出ていると思う。
  • 仕事中頻繁にLINEしてたのに、今は殆どない。
  • iphoneをロックするようになった
  • 土日は家にいるが、ずっとラインでコソコソ誰かとやり取りしているみたい

細かいことはたくさんありますが、全て書くと長いので省略します。

確かに不審な感じはしますよね。

ただ、たくさんお話を聞けば聞くほど、探偵aimiとしては妙な印象を受けました。

ホントに浮気しているのかなぁ・・・?

そんな風に考えるようになりました。

どうしてかと言うと、普通誰かと付き合っているなら土日に遊んだりするはずです。

何か理由をつけては強引に出掛けるもんなんです。

浮気相手ができる前後は特にそう。

関係ができる頃は仲良くなる為に食事に行ったり遊びに行ったりするもんです。

お話を聞いているとそういう不審点は一切出てこないんですよね。

また、給料明細をチェックしても残業を使っている形跡も一切ない。

そんな状態で浮気相手なんてできるとしたら出会い系・水商売・風俗くらいなもんでしょう。

完全に体だけの関係の相手くらいなもの。

あるとしたらそういう浮気だろうけど、そうだとしても何かがおかしいって感じました。

でも、考えていても仕方ないので、とにかく浮気調査をお受けして彼の行動を確認してみることにしました。

ポイントは残業しているのかを確認すること

元々彼の会社はほとんど残業などなく、大阪狭山市(仮ですよ)から電車で30分くらいの通勤距離。

徒歩と電車で通勤しており、会社では営業車に乗って得意先を周るルート営業との事。

元々残業がないのに突然半年前から残業が増えたとの事である為、とにかくこの点を確認するのがポイントとなりました。

土日は家にいますからね。

って事で、とにかく5日間平日の夕方から調査することとなりました。

彼は超多忙な勤務状況だった

夕方から会社の様子を見ていると、彼はひっきりなしに車に荷物を積んで近くの取引先を周っているようで、会社の前に営業車を停めて荷物の出し入れをしていました。

見ているとホント忙しそうにしています。

○○○○○と書かれた段ボール箱ばかりで、この商品が売れているだなぁと言った印象。

会社の倉庫も横に見えるんですが、その商品が溢れんばかりと言うか、完全に入りきらない状態になっています。

早く客先に持って行って処理しないと倉庫に収まらないじゃないかと言った状況です。

彼は汗を拭く暇もないのか、カッターシャツが汗でベトベトで休憩している場合じゃないって印象を受けました。

19時頃にルート営業は終わり、社内で残業と言った感じです。

社内では下っ端のようで、先輩や上司風の人に指示されて事務所と隣の倉庫を行ったり来たりバタバタしている様子でした。

彼以外の人は徐々に帰って行き、仕事が終わったのはほとんど毎日23時を回ってからです。

最後に上司風の方と彼が会社のカギを施錠。

駅前で上司と別れた後にコンビニに寄っただけで帰宅しました。

特に誰かに電話するような事もなく、依頼者さんに聞くと帰るメールだけあったとの事です。

帰るメールの時間を確認すると、上司と別れた直後くらいの時間であり、彼が浮気をしていると言った状況は一切ありませんでした。

念の為、会社の事を調べてみた

元々残業がないと行っていたが、結構忙しそうな会社だったので、気になって少し会社の事を調べてみました。

この会社はある関係の会社なんですが、

  • 半年前に超大手の下請けになっていた
  • 超大手のある商品が凄く売れており、その売り上げも相当ありそう
  • ホームページには従業員急募の案内が前面に出されている
  • 半年前から求人広告を多く出している

そんな事がわかり、なるほどなぁと言った感じです。

彼は残業と偽って浮気しているんじゃなくて、ホントに半年前から仕事が超多忙になったと言う判断をしました。

じゃあどうしてコソコソ不審な動きをして依頼者に浮気を疑われているんだろうと言う事になります。

突然仕事が忙しくなった彼は、依頼者が心配で敢えて浮気している演技をしていた

これは探偵の推理と言うか、推測です。

でも、ほぼそうなんだと確信しています。

元も彼は依頼者をストーカーの如く気にしていた訳です。

超やきもち焼きと言うか。

依頼者がどこへ行くのも誰と会うのかも気になって心配で仕方ない。

服装もスカートや肌が出る洋服は着せずと言った心配ぶりです。

そんな彼が会社の仕事が忙しくなって終電くらいまで仕事をして帰る訳です。

彼が一番心配なのは・・・

自分が残業している間に依頼者に浮気されたらどうしよう・・・

だったと思います。

でも仕事を辞める訳にもいかない。

そんな彼が思い付いたのが・・・

自分が浮気しているように装って、彼女を心配させれば浮気どころじゃなくなるんじゃないかと言う考えだったんじゃないかと思います。

凄く歪んだ考えではありますが、その彼の作戦は的中し、彼の浮気が心配で仕方ない依頼者は探偵に依頼するまで悩む事になった。

そういう事のように思えます。

依頼者にそのお話をした時、ハッとした顔をしていました。

今まで暗く病んだ雰囲気の依頼者さんでしたが、何か吹っ切れた印象に変わりました。

あれからどうなったかは不明ですが、そこまでお互い心配する位相手の事を思う二人ですから、仲良く暮らしている事を願っています。

恋愛は苦しいものですが、心配ばかりせずにできるだけ楽しくやっていきたいものですね。

大阪の探偵aimiでした。

※管理人が確認した後に公開されます。

コメントを残す


CAPTCHA


浮気調査



人気ブログカテゴリー



業務ブログ



その他調査



こちらもどうぞ